新NISAは1階がつみたて?一般NISAとの違いとは

NEW葉っぱ

 

先日は小規模投資非課税制度の現行NISAについて紹介しました。

 

現行は年間で120万円までの投資が非課税になる「一般NISA」、積立購入することで年間40万円が20年間非課税になる「つみたてNISA」、さらに0歳~19歳までが利用できる「ジュニアNISA」があります。

そして2024年には一般NISAとジュニアNISAが廃止され、あらたに「新NISA」がスタートする予定です。

 

正式にはジュニアNISAは利用者数が伸びないことから廃止、一般NISAは新NISAに制度改正される流れです。

 

またつみたてNISAにつては2024年以降さらに5年間延長されることが決まっています。

現行のNISAについては「NISAでFIRE!株式投資なら直ぐに口座開設がおすすめ」をご覧ください。

 

 

一般NISAはとりあえず2023年で終了

 

先ほども紹介したとおり、2023年で一般NISAとジュニアNISAは終了となり、一般NISAは新NISAとして新たにスタートする予定です。

 

NISAの改正については金融庁が公表している「令和2年度税制改革について」に記載されていますので、気になる人は確認して下さい。

 

それでは一般NISAと新NISAの違いについて見てみましょう。

 

新NISAの特徴は2階建て

 

先ほど話したとおり2024年の改正では、つみたてNISAは5年間延長され、一般NISAの内容が新NISAへと改正されます。

 

新NISAのイメージを見てみましょう。

 

  • 投資上限額    : 2階部分 102万円
  •            1階部分 20万円
  • 非課税費期間   : 5年間
  • 口座開設可能期間 : 2028年まで
  • 投資対象     : 2階 上場株式、公募株式投資信託など
  •            1階 積立、分散投資に適した一定の公募株式投資信託など

 

一般NISAでは年間で120万円までが非課税対象として、株式やETF、投資信託などの購入が可能でした。

しかし、新NISAは2階建ての構造であり、1階部分は積立投資用の20万円、2階部分は一般NISAと同じ用途で102万円の合計122万円が非課税枠です。

 

 

合計金額は2万円増えたけど、積立以外の非課税枠はむしろ減ってしまったね。

 

現行よりも悪くなった気がするね

 

 

おっ、気が付きましたか。

 

新NISAは一般NISAよりも合計で122万円と2万円非課税枠が増えたけど、積立枠が20万円あり、一般的な株式投資では102万円しか使えません。

 

つまり一般NISAと比較すると18万円少なくなります。

 

 

またさらに注意しなくてはならないことは、新NISAでは1階にある積立部分の20万円を使用しないと、2階部分の投資ができないことです。

 

つまり新NISAの2階建て部分を利用するには、まずは1階の20万円分の積立投資を先におこなう必要があります。

 

NISAの投資経験者は例外措置も

 

新NISAの制度で今まで通りの非課税枠を使用するには、まず1階部分の積立投資をおこなわなくてはなりません。

 

なんとなく20万円がもったいないような…

 

FIRE(ファイア)で投資している人は、積立よりも高配当株を先に買いたいよね!

 

そうですよね、政府も将来の年金対策の一環として積立を推奨したいらしいのですが、かえって投資を抑制する効果が生まれるかもしれません。

 

ただし、朗報があります。

 

新NISAが始まる前までに一般NISAを利用していた投資経験者については、必要な手続きをおこなうことで1階を利用しなくても2階を利用で例外措置が設けられる予定です。

 

ただし現行のNISA利用者が必要な手続きをとることで、新NISAでも直接2階部分の利用が可能になりますが、利用枠はあくまで2階部分の102万円のみです。

したがって現行の一般NISAの120万円よりも18万円非課税枠が少なくなり、投資対象も上場株式や一部のETF等に限られます。

 

結局は改悪だよね

 

まぁしかたがないか?

 

 

そうですね、政府も新NISAにより投資環境が大きく悪化することは避けたいようで、最低限の逃げ口は用意したところでしょうか。

 

FIRE(ファイア)で利用するなら夫婦で口座を開設

 

NISAの改正は2024年なのでまだまだ時間に余裕があり、これからも制度自体の変更の可能性もあるでしょう。

しかし、新NISAの2階部分を直接使用するには、一定の投資経験と一般NISAの利用が条件になる可能性は高いと思います。

  

でも、なんで投資経験がないと2階が使えないのかなぁ

 

本来NISA制度はあくまで国民が安定した投資をおこなうことで、経済を活性化させるだけでなく、年金で足りない老後の生活費を補うための方法でもあります。


その意味で政府は投機性のない少額積立を推進したいのだと思います。

 

FIRE(ファイア)を目標に不労所得を構築している人でも、将来的な安心のために少額の積立をおこなうことは大切です。

 

しかし、FIRE(ファイア)資金を貯めるにはもう少し積極的な運用を目指す必要があります。

 

そのためには、新NISAでも1階部分を使わなくても2階部分が利用できるように、すぐにでも一般NISA口座を開設することをおすすめします。

またNISAは20歳以上の個人であれば、だれでも開設できるので夫婦、家族全員が開設することも考えてください。

FIRE関連,株式投資