ビットコインにかかる税金!株式FXとの違いはコレだ!

ビットコイン税金

ここしばらくビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の話題を紹介していますが、今回はビットコインに必要な「税金」について解説します。

ビットコインもやっぱり税金が必要なんだ。
でも株式投資と同じではないの?

ビットコインで利益が出た場合、その利益を収入として所得税の確定申告が必要です。
これは株式などでも同じですが、実はビットコインには株式投資と違う部分が色々とあります。

また、株式投資では特定口座による源泉徴収も選べるけど、ビットコインなどの暗号資産は源泉徴収は使えません。

本日のブログはビットコインなどの暗号資産にかかる税金について解説します。

ビットコイン投資については「ビットコインが半値以下に暴落!FIRE資産のチャンス到来?」も見て下さい。

年間20万円を超えるビットコインの利益は確定申告が必要

ビットコインの取引で得た利益は確定申告による納税が必要です。

一般的に確定申告が必要な人は以下に当てはまる人です。

  • 給与所得が年2,000万円を超える人
  • 給与所得・退職所得以外の所得が年20万円を超える人
  • 2ヶ所以上から給与を支給されている人
  • 各種控除を利用したい人
  • その他

なるほど、ビットコインの取引で年間20万円を超える利益が出たら、所得税の確定申告が必要なんだね。

FXも同じですが、ビットコインの場合も年間に20万円を超える利益は確定申告を行い、納税する必要があります。

 

ビットコインの利益確定タイミング

ビットコインは値動きが激しいから、どのタイミングで利益を算出すればいいのかなぁ?

ビットコインは通貨と同じ扱いなので、ビットコインで保有しているかぎり課税対象ではありません。

あくまで課税対象になるのはビットコインを売却したり、利用したりするタイミングです。

①ビットコインをJPY(円)に交換した場合は、取得価格に対しての利益を所得とします。
②ビットコインを使用してネット通販で商品を購入した場合は、ビットコインの取得時と現在の価格差を所得とします。
③ビットコインで他の暗号資産を購入した場合は、ビットコインの取得時と現在の価格差を所得とします。

ビットコインをそのまま保有した状態で、価格が上昇しても確定申告は必要ありません。

あくまでビットコインを売却したり、買物で利用したりした時点で、利益を確定し確定申告の対象になります。

これはビットコインだけでなく、すべての暗号資産も同様ですね。

 

ビットコインの確定申告は総合課税の雑所得

ビットコインなどの暗号資産で出た利益は、確定申告の総合課税として手続きをおこないます。

総合課税は他の所得と合算して課税所得を計算する方法だよね。

ビットコインなどの暗号資産は雑所得に分類され、他の所得と合算されて累進課税で税率が決まります。

また総合課税のビットコインは損失が発生しても繰越控除は利用できません。

またビットコインの利益は雑所得なので、控除も利用できません。

たとえば株式投資の配当や投資信託の収益の分配金は配当所得なので、それぞれ10%、5%の配当控除が利用できます。(総合課税選択時)
しかし、ビットコインなどの暗号資産は、雑所得なので控除の適用はありません

それは厳しいね。
FXなどの為替取引はどうなの?

FXで出た利益も雑所得の申告分離課税として確定申告する必要があります。
しかしFXは租税特別措置法で税率を20.315%に優遇されており、累進課税のビットコインよりも有利な税制ですね。

 

ビットコインの利益を隠したら脱税になることも

税務署

それではビットコインで利益が出たにも関わらず、確定申告をしなかったらどうなるのでしょうか?

それは脱税でしょう。

ビットコインと考えると甘くなりますが、実際には雑所得の未申告ですから、立派な脱税行為です。
現在の税務署は暗号資産取引に注目しており、脱税行為は高確率で立件されると思います。

ビットコインで脱税が発覚すると、追徴課税の対象になり本来の税率を超える税金を請求されます。

さらに悪質な投資家は刑事事件として立件されて、裁判で懲役も考えられます。

無申告は割に合わないので、利益が出たら確定申告を忘れないようにね。

 

現在のビットコインは税制が超不利だった

ビットコインは総合課税の雑所得なので、他の所得と合算されて累進課税が適用されます。

【所得税率(累進課税)】

  所得           税率  所得控除

  • 195万円以下        5%   0円
  • 195万円超~330万円    10%   97,500円
  • 330万円超~695万円    20%   427500円
  • 695万円超~900万円    23%  636,000円
  • 900万円超~1,800万円   33%   1,536,000円
  • 1,800万円超~4,000万円   40%   2,796,000万円
  • 4,000万円超~       45%   4,796,000万円

所得税の累進課税は最高で45%にもなるんだ。
ビットコインで1,000万円の利益を確定したら、33%の税率で330万円も納税するんだ。

実際の計算では合算された所得に対する所得控除が適用されるから、計算は「1,000万円×33%-1,536,000円」だから概算で1,764,000円になります。
また経費なども差し引くことが可能ですね。

ビットコインは累進課税の適用であることから、住民税を加算すると最高税率は55%にもなります。

しかし外国為替取引のFXは特例措置で同じ雑食でも税率は20.315%と、抑えられておりビットコインが納税では圧倒的に不利です。

 

確定申告と税率を理解して投資を

ビットコインは現在暴落しており投資のチャンスですが、せっかく利益が出ても確定申告の手間や高い所得税に困惑することもあります。

とくにFXをやっている人は、ビットコインも20.315%の税率だと思っている人も少なくないよ。
あとでビックリしないように注意してね。

でも695万円までの利益であれば、累進課税でも税率は20%だから大口の投資家以外は影響は少ないと思うよ。
ただし、ビットコインや暗号資産は、確定申告の方法が違うことを理解して投資を検討して下さいね。

 

※このブログはあくまでJ塾長の感想であり、投資を勧めるものではありません。投資は自己判断と責任でおこなってください。

投資話