株式市場の低迷…何する?ライザップの株主優待で体を鍛える!

優待で鍛える

日本の株式市場は相変わらず米国市場の影響をモロに受けている状況で、少し戻しても米国市場が下落すれば日本株も下落するありさまです。

米国FRBはもう株式市場なんて眼中にないよね。

そこまでじゃないと思けど、米国市場と日本市場が連動していることが問題だと思うよ。
現在の経済はバブルの時代よりも世界的なつながりが強くなっているのかも?

このような状況で投資について悩んでいる人も多いと思います。

とくに投資初心者の人は対応がわからずに、ただ放置して様子を見ているかもしれませんね。

そこで今回は、株式低迷で取引を一休みしている人に提案したい…おトクに身体を鍛える方法です。(笑)

 

本日のブログは株主優待でおトクに身体を鍛えられる「ライザップグループ(2928)」を紹介します。

株主優待銘柄については「高配当で株主優待2倍、さらに株式分割…だけど増えない出来高」なども見てください。

 

相場が戻るまで何する?ライザップでしょう!

米国の利上げ等で株式市場が低迷しているなか、「これからの投資をどうするか?」と悩んでいる人が少なくありません。

株から債券へ移行するなどの方法もありますが、日本は利上げを実施しないので債券の金利はあまり変動していません。
また海外への投資も円安なので気が引けてしまいますよね。

だから相場が良くなるまで「投資を休む判断」もありなんだね。

相場が戻るまで投資を控えるのは、投資初心者にとって良い判断です。

もちろん株価下落は仕込みのチャンスなので、ベテラン投資家は目を輝かせて銘柄を探しています。
しかし、それは一定の経験を持った個人投資家がやることで、投資初心者はマネをしない方が無難ですね。

じゃ投資を休んで何やるの?

ライザップグループが展開する「chocozap(チョコザップ)」で身体を鍛えるのさ!(笑)

 

ライザップグループの株主優待でchocozapが3ヵ月無料

日本中に減量ジムを展開する「ライザップグループ(2928)」が、2022年9月26日に「特別優待」を発表し、株主名簿に記載された全株主を対象に「chocozap(チョコザップ)」の無料利用券(3ヵ月)を提供します。

ライザップは減量のCMで知っているけど、chocozapって何?

chocozapはライザップの新業態で、ライザップジムよりも手軽に利用できる24時間365日型のコンビニジムだよ。

ライザップではトレーナーから指導を受けていたけど、chocozapではアプリを使用して個人でトレーニングを管理します。
最近、24時間型のトレーニングジムが増えているけど、それにアプリを加えた形かな?
chocozapの使い放題プランは「月額3,278円(税込み)」なので、比較的安価にジムが利用できるのも良いですね。

今回の特別優待はchocozapの利用が3ヵ月無料になるチケットで、金額にすると9,834円分の利用ができます。

これは株主に「chocozapを利用して貰い、そのまま延長で有料会員へ…」との思惑も見えますが、退会もアプリで自由にできることから、今年に限って身体を鍛えるにはもってこいだと思います。

 

特別優待と一般株主優待の利回りは?

ジム

ここしばらくライザップグループの株価は低迷しており、2022年10月中旬の株価は1株140円です。

ライザップグループの株価は2017年末には1,500円を超えていたけど、業績の低迷で現在は1/10以下になってるよね。

ライザップグループには厳しい状況ですが、2023年からスタートする「4ヵ年中期経営計画」を立てて巻き返しを図っています。
さらに前期決算では2期連続の黒字を達成しており、chocozapを本格展開させることでさらに業績を向上させる計画です。
そして今回の特別優待の理由は、4ヵ年中期計画をスタートするにあたり、chocozapを株主に広めたいことが理由です。

まず株主に利用してもらって、口コミ効果を狙うんだね。
ところで特別優待の優待利回りはどうなの?

ライザップグループの株価は1株140円で、最小単位の100株では14,000円です。

chocozapの3ヵ月利用券の時価価値は9,834円なので、配当利回りは70.24%と驚異的な数値です。

さらにライザップグループは一般株主優待も実施しており、保有株式数により優待券や優待ポイントも提供しています。

 

  • 100株以上    :  5,000円のサービス利用券
  • 400株以上    :  ECサイトポイント(10,000ポイント)
  • 800株以上    :  ECサイトポイント(14,000ポイント)
  • 1,600株以上   :  ECサイトポイント(24,000ポイント)
  • 2,400株以上   :  ECサイトポイント(30,000ポイント)
  • *以降16,000株まで

ライザップグループの株主優待は、100株~399株保有で5,000円のライザップ利用券が貰え、400株以上保有の株主は株式数によりECサイトで利用できるポイントが貰えます。

100株なら5,000円分のライザップ利用券だから、それをchocozapで利用したらさらに1ヵ月以上利用できるよね。
それなら4ヵ月~5カ月間も無料で使えるよ。

一般株主優待では100株株主に5,000円の優待ですから、優待利回り35.71%になり、特別優待利回り70.24%と合わせると105.95%の優待利回りになります。

優待だけで100%を超えるから、chocozapに入会するならライザップグループの株を買った方が安くなります。

14,000円の投資で14,834円の利用ができるから、超おとくですよね。
また、倒産しないかぎり株の売却もできるので、リスクも限定的だと考えます。

 

ライザップグループの業績は?

それでは気になるライザップグループの業績を確認してみましょう。

2023年3月期第一四半期の決算では赤字に転落しています。

 

売上   :  377.4億円(前年同期比2.1%減)

経常利益 :  △5.9億円

純利益  :  △7.9億円

 

前期は2期連続で黒字を達成したライザップグループですが、2023年第一四半期はまた赤字に転落しました。

コロナの影響が強いジム業界ですが、ライザップも本格的な回復には時間がかかりそうです。

それだけにchocozap事業に力を入れているのでしょう。

ライザップグループは配当は実施しておらず、株主還元は株主優待のみです。

無配ならジムでトレーニングしたい人以外は、興味ないと思うね。

……

 

まとめ

ライザップグループの事業は不透明のままですが、現在の株価である1株140円はすでに底だと思われることから、倒産などの状況がない限りこころからの急落は考えにくいと思います。

それを考えると特別優待は魅力的な内容で、近くにchocozapがあり身体を鍛えたいと考えている人は、投資を考えても良いでしょう。

特別優待は2022年12月末に株主名簿に記載された株主が対象なので、株式はそこまで保有して来年頭に売却してもOKです。
上手く売却できれば、タダで3ヵ月間利用できるかも?

米国FRBのインフレ対策から始まった株式不況ですが、こんな時は投資を忘れてジムで身体を鍛えるのも良いでしょう。

ライザップグループの株式を14,000円(100株)だけ買って、chocozapで「ちょこざっぷメソッド」を始めてみませんか?

父ちゃんもやるの?

ここは田舎だからchocozapがないんだよね。
残念!

 

※このブログはあくまでJ塾長の感想であり、投資を勧めるものではありません。投資は自己判断と責任でおこなってください。

優待株,株式投資